立佞武多有料観覧席の様子

 

昨年2018年開催の立佞武多有料観覧席の様子です。

 

 

 

   

座席の様子

 ひな壇で設置している有料観覧席。

全4段で1段に4列のパイプ椅子を設置。

1段の段差は約20㎝。

 座席の範囲

パイプ椅子の指定席。

足を伸ばして見れる広さがある。隣の席とは10㎝ほどの余裕がある。

 

   

観覧席内の移動

入口と後ろの2箇所に階段を設置。

階段までの移動は通路を設けているため、狭くは感じません。

階段付近や通路は他のお客様のご迷惑にならないよう、写真撮影や立ち止まっての観覧はご遠慮願います。

出陣の様子

上記画像は、観覧席3段目の端の席に座って撮影したものです。

障害物は前方に見える街灯などのみで立佞武多全体はもちろんのこと、混雑を気にせずゆったりと座ることができます。

   

 観覧席入口

観覧席入口は階段となります。

左側に受付を設置しておりますので、観覧日当日はご不明な点などがございましたら受付までお願いいたします。また、障害者スペースは階段を上ってすぐの場所に設置しております。車いすなどご利用の方は予めご連絡お願い致します。

 観覧席の入場

観覧席内の入場は17:30より可能です。入口にてチケットを見せていただくだけで出入り可能となります。首からさげるチケットとなりますので、入場の際や観覧席出入りの際は入口のスタッフに見えるように下げてください。

 

 

2019年度立佞武多有料観覧席の座席表